桑桑原よしたか活動日誌

桑原よしたか竣工式に参加しました!

本日、待望の生駒市立病院(6月1日開院)の竣工式に参加しました!

 地下2階/地上7階の病院で環境との調和を図る設計コンセプトで建設され、近鉄奈良線東生駒駅のそばにあります。
最新の医療機器を備えこれからの生駒の医療を支える病院です。

 小紫市長、鈴木理事長(指定管理者徳洲会)、中谷生駒市議会議長そして今村院長(生駒市立病院) 等が挨拶され大勢の参加者のもと、盛大に行われたことは私にとっても身の引き締まる想いと期待が 膨らむ式典でした。竣工式の後、参加市民の方と一緒に病院内を見て回りました。

 生駒総合病院の閉院から10年の歳月を経て今日を迎えたことはこれまで推進されてきた先輩諸氏、市民の皆さんにとって 言葉では言い尽くせない想いでしょう。しっかりと受止め、市民、行政、指定管理者が三位一体となり 利用しやすい、必要な病院に育てていくことが、我々、今、係わるものにとって重要なことだと心より 思います。

 この病院を中核として生駒の医療行政がますます充実し、安心・安全・住み続けたい生駒市の実現に 向けてみなさんと一緒にやっていかねばならないとの想いを強くした竣工式でした。